お知らせ

現在メンテナンスのため、一部ソフトウェアのダウンロードサービスを停止中です。再開までしばらくお待ちください。

noBoSoプラグイン公開のお知らせ

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。休みになると一日十時間は寝ないと済まない人なのに夜はいつも通りの時間まで起きてるせいで、毎日お昼ごろに起床という夜型な生活リズムで生活しています。

 

さてさて、今日はずいぶん前に主要な部分を完成させておきながら完成させてなかった「noBoSo ( BVE向け暴走防止 ) プラグイン」を何とか完成させ、公開したことをご報告させていただきます。

 

ずいぶん前に、Youtubeにアップロードされた動画に関して議論が起きているのを見かけて、「暴走を防止できるようなプラグインがあれば便利じゃないか」と思ったのがきっかけで開発を決意しました。

 

暴走を防止するために何が最も効果的か。まずはその検討から始めます。

1つ目の案として、設定された最高速度以上のスピードを出したことを検知すると、自動で非常ブレーキがかかり、停車するまで緩解されないようにすることを思いつきましたが、それならATSでいいのではないかということで、とりあえず後回しにすることにしました。

2つ目の案は、設定された速度以上の速度を出そうとした際に常用ブレーキをかけることで超過を抑止することを思いつきましたが、これだと自動ブレーキ車への対応が難しいため、いったん保留としました。

3つ目の案は、稀に暴走で使用される「F7キー」の機能の打ち消しをすることで、急加速/急停車などの現実とはかけ離れた運転を防止することです。

今回は、案3の実装が面白そうであったことなどからとりあえずこの案のみを実装し、後々上記案1案2も実装しようと考えました。

プラグインの持つ機能

|15|km/h以上の速度を出していた場合

F7キー押下を検知すると、警告メッセージを表示し、F7の機能が打ち消されている旨を通知します。ついでに、車両が読み込まれてからF7が何回押されたかも表示できるようにしてみました。警告ウィンドウの表示前後でF7の打ち消し処理を行います。

0<|X|<|15|km/hの速度を出していた場合(ただしXはF7キーを押下した時点で出していた速度を表します)

F7キーを押下すると、警告メッセージを表示します。F7の機能は打ち消されません。ついでに、車両が読み込まれてからF7が何回押されたかも表示できるようにしてみました。

車両が停止していた場合(速度が0km/hの場合)

F7キーの機能は打ち消されません。また、警告ウィンドウも表示されません。F7の押下回数カウントも行われなかったと思います。

 

利用にあたって

  • 利用は自己責任でお願いします。
  • 車両に組み込んで公開する場合、車両の説明書への本プラグイン使用の旨の記述は任意です。書いても書かなくてもどちらでもいいです。
  • 車両に組み込んでの公開をする場合、Tetsu Otterへの連絡は必要ありませんが、プラグイン使用の旨を説明書に記述しなかった場合はできれば連絡をお願いします。
  • このプラグインを組み込んだことによって生じたユーザーとの問題は、すべて車両作者様が対応するようお願いします。
  • 本プラグイン単体での公開は禁止とします。
  • そのほか、何か質問があった場合はTwitter ( @Tetsu_Otter ) もしくは本サイトのお問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

ダウンロード

下の画像をクリックしてください。

 

更新履歴

2017年12月27日:新規公開

 


ソースコード

以下のソースコードに関しては、自由にプラグインに組み込んでいただいて構いませんが、その際は利用した旨を表示していただけると嬉しいです。

 

ちょっと長くなるので、次のページに続きます。関連記事の下にある「2」より移動できます。

記事一覧

BVE, お知らせ, コンピュータ

Posted by Tetsu Otter