小田留線

otaru line

運転時刻表(スタフ)をお求めの方、および設定資料集をご覧になりたい方は設定資料ページへお越しください。

 

運転に関する諸情報

2016年12月25日施行のダイヤに合わせた列車運行図表(ダイヤグラム)を制作しました。次回からは制作しないと思います。。。閲覧はこちら
2016年12月25日現在の小田留線の配線略図はこちらより閲覧できます。

ダウンロード

小田留線のダウンロードに必要なパスワードは「3p3jaVHNYykHdDbEAt2mJRbDJzjpX8」です。いまのうちにコピーしておきましょう。Twitterその他各種サイトへのこのパスワードの転載は無許可で行っていただいて構いません。ご自由にどうぞ。教えあいもOKです。

スポンサーリンク


 

車両データについて

車両データはこちらからは特に指定しておりません。都合により車内放送も同梱してないので特急の一般車両代走なんてのも面白いと思います。 (Youtubeなどで1万円以上稼げたら車内放送を追加するかもしれません。)

 

保安装置について

保安装置は、ATS-Pと、朝の列車と試運転列車のうち1本のみD-ATCに対応していますが、それ以外にも様々な保安装置に対応できるよう、保安装置に関する情報のみを集めたファイルを参照して使用しています。使用したい保安装置がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

 

動画のアップロードに関して

動画のアップロードは、Read_Meに記載している内容を守っていただければ連絡なしで行っていただいて構いません。Read_Meを必ずお読みください。

スポンサーリンク

 

ダウンロードの前に

2017年4月9日更新のデータより、樽モト様のNagoya_Commonをストラクチャに使用しています。小田留線をプレイするにはNagoya_Commonのダウンロード・配置が必要です。

Nagoya_Commonのダウンロードはこちらより行えます。

Scenariosフォルダ直下に「Nagoya_Common」フォルダを配置してください。言っていることがわからない人は、まずは自分で調べ、それでもわからなければYahoo!知恵袋でも使って聞くか、Twitterで聞いてみてください。優しい人がいたら教えてくれますよ。

 

ダウンロード

 

説明書は必ずお読みください。読まずに運転しないでください。。なお、現在公開しているデータは2017年7月更新版のNagoya_Commonを使用しております。

 

2017年7月20日更新分より、列車ファイルの分割ダウンロードに対応しました。ご利用のパソコンのスペックに合わせて「基本セット」か「狭軌軽量版セット」か、もしくはその両方をダウンロードしてください。なお、標準軌セットを使用するには「基本セット」もしくは「狭軌軽量版セット」を先にダウンロードしておく必要があります。また、「狭軌臨時列車アドオンセット」を利用するには「基本セット」の導入が必要です。

 

※2017年7月7日20:00追記:小田留線のATS-PダイヤはUnicorn様の「snp2.dll」で、D-ATCダイヤはreasorsixtymotivek様の「D-ATC.dll」にて動作を確認しております。この2つのプラグイン以外のプラグインを用いた車両を用いて運転すると、地上子の都合で正常に運転できない場合があります。正常に運転できない場合(現示アップした信号をまたいだのに制限が解除されないなど)がございましたら、該当する車両を公開しているホームページへのリンクを添えてお問い合わせください。次回更新時に対応できるようにします。
※2018年1月8日 13:08追記:小田留線のD-ATCシナリオに関しては、reasorsixtymotivk氏のD-ATCプラグインのver0.20時代以前のものに対応しております。よって、現在公開中のver1.00に対応した車両が走行することはできません。そのうち小田留線の沿線建物追加版シナリオを公開するので、その際に1.00に対応したいと思っています。

 

スポンサーリンク

更新履歴

2018 年 01 月 08 日 設定資料移設・D-ATCについてお知らせ追記
2017 年 12 月 30 日 パスワードについてのお知らせ追記
2017 年 07 月 20 日 一部エラー修正・標準軌ダイヤ追加
2017 年 07 月 07 日 中央公園~小田留間公開
2017 年 04 月 09 日 野々目~中央公園間リニューアル(なごこも使用)
2017 年 04 月 01 日 野々目~中央公園間再公開
2016 年 12 月 26 日 公開停止
2016 年 12 月 25 日 野々目~中央公園間仮公開

Posted by Tetsu Otter