お知らせ

現在メンテナンスのため、一部ソフトウェアのダウンロードサービスを停止中です。再開までしばらくお待ちください。

富士通製 P771/D最強化計画その2

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。今回はP771/D最強化計画のその2です。

今回は、耐衝撃性や高速度通信の可能性を考えて、HDDをSSDへと換装します。

SSDは高いですね…まぁ昔と比べたらずっと安いわけですが、それでもまだ高いと感じてしまいます…

今回は、値段とレビューをよく観察して、KingstonのUV400の120GBを注文しました。本当は240GB欲しかったのですが、そこまで金銭的余裕がなかったのでパスになりました…

注文した当時の価格は5980円。約50円/GBですね。

この商品は、宅急便ではなく郵便での配達だったので、ポストに入れられてました。

こちらが購入した商品になります。下のプチプチ封筒は、この商品が入っていた封筒です。精密機器をゆうパケットで送るなんで信じられませんが…まぁSSDだし物理的な可動部分がないので良しとしますか…HDDでこれだったらさすがに嫌ですね。
ではでは交換に入っていきましょう。

この手順で何か行って発生した損害に対して補償は行いません。自己責任です。

前回同様バッテリーを外し、バッテリー部分を手前にした左奥に少し大きめの蓋があります。そこを開けると…


HDDが出てきます。防振ゴム(?)のようなもので四隅を保護されていますね。

HDDを取り出すのは少し厄介でした。ゴムが本体にくっついちゃっていて、逆さにしても落ちてこなかったんですよ。なので、今回は仕方なく、コネクタのない方の辺にマイナスドライバを差し込んでクイって持ち上げてあげました。

そしたらコネクタを取り外してHDD抜き取り完了です。

HDDの重さを計ってみました。約90gですね。


SSDは約50g。たった40gでも、かなり変わった気がします。
あとは、SSDにスペーサー代わりのゴムを付けて、取り外しとは逆の手順で入れて終わりです。


無事パソコンに認識されて、今回の交換作業は終了です。あとは、Windowsのインストールをして、やっと使える段階になります。インストール作業も速いです。起動も速いし終了も速い。動作も速くとても快適です。
普通の人はこれで十分だと思いますが、ちょうど家にBluetoothスピーカーがあり、それから音を出したいと考えたのでBluetoothを内蔵させることにしました。その話はまた次回します。ではでは

記事一覧

コンピュータ

Posted by Tetsu Otter